お電話での
お問合せ

0166-24-2111

メニューを閉じる

宴会・会議

  BANQUET

ご法要

ご法要

きめ細やかな心づくしと、真心のおもてなし。大切な故人ゆかりの方々を迎える日まで…。


ご法要の準備

故人との在りし日を偲ぶご法要。亡き人に供養の想いをお伝えし、ご縁の深かった方々とあらたな絆を深める儀式です。
そこで大切なのは、”まごころを形に” すること。旭川グランドホテルでは、厳かな中にも和やかな語らいのひとときを演出しながら“おもてなしの心”を持って、施主様のご法要をお手伝いさせていただきます。

施主と日取りの決定

施主と日取りの決定

三~四か月前から準備を進めましょう。まず、ご法要の主催者である施主(せしゅ)を決めます。一般に、葬儀で喪主になった人が務めます。次に日取りを決めます。最近は命日の直前の休日に執り行われることが多いようです。式は午前中に行い、ご会食を昼食に合わせるのが一般的ですが、遠方からお招きする方が多い場合は無理のない時間を合わせられるとよいでしょう。

招く人の範囲

招く人の範囲

ご法要に招く方の範囲については、故人との関係を中心に決めていきます。一周忌までは、近親者、友人や知人、勤務先の関係者など故人が生前お世話になった方々を広くお招きします。三回忌以降のご法要については、親類縁者を中心とした関係の深い方にしぼっていかれるのが一般的です。

案内状の手配

案内状の手配

六十日前には案内状を手配します。
親しい方には電話だけでもかまいませんが、多くの方をお招きするときは、返信はがきを案内状に同封するとよいでしょう。
兄弟や近しい人には電話の通知でもかまいません。
しかし目上の方や、故人とは親しくても家族とあまり交流のなかった方には、案内状をお送りするのが丁寧な方法です。案内状には特に決まった書き方はありませんが、「故人(戒名)の何回忌のご法要か、いつ、どこで行われるか」は必ず記します。案内状には返信用のはがきを同封し、出欠を知らせてもらいます。

出欠等の確認

出欠等の確認

二週間前には出欠を確認し、当日の準備として席順、料理、引物等を手配します。三日前には会場担当者と法要式、会食、引物などを最終チェックしておきましょう。
ご法要の準備、申し込みや相談はなるべく早めに済ませておくとゆとりができ何かと安心です。
仏教とは形式がちがいますが、キリスト教や神道でもご法要と同じような行事が行われます。
キリスト教はカトリックが「追悼ミサ」、プロテスタントは「記念式」、神道では「霊祭」と呼ばれています。

会場

故人のやすらかな冥福をお祈りし、敬う心が表れるご法要。
そのため、心静かに執り行なっていただけますよう仏式をはじめ、キリスト教、神式など趣深い会場をご用意しております。
ここではその一例をご紹介いたします。

仏式法要の祭壇

少人数から多くの方のお集まりまで、ご列席の人数とご都合に合わせた会場をお選びいただけます。
祭壇は、宗派のご流儀に添ってきめ細やかに準備させていただきます。

  • やすらぎ

    やすらぎ ¥38,000(税込)

    やすらぎ ¥38,000(税込)○祭壇料○仏花一対○仏具○供果実一対
    ○供菓子一対○お写真前装花
    ※おけそくは別途料金となります。

  • みやび

    みやび ¥58,000(税込)

    みやび ¥58,000(税込)○祭壇料○仏花一対○仏具○アレンジ花一対
    ○供果実一対○供菓子一対○お写真前装花
    ※おけそくは別途料金となります。

  • りょうらん

    りょうらん ¥90,000(税込)

    りょうらん ¥90,000(税込)○祭壇料○仏花一対○仏具○アレンジ花一対
    ○供果実一対○供菓子一対○お写真前装花
    ※おけそくは別途料金となります。

お料理・引物

技と工夫を凝らしてお創りする料理は、本格派の味わい。ご予算とご要望に応じて多彩に取り揃えております。
お集まりいただいた方々への誠意をあらわすご会食のひとときを、ご満足いただける美味しさと真心あふれるサービスでおもてなしいたします。

ご会食
和洋中会席料理
  • ¥8,000プラン

    ¥8,000プラン

    ¥8,000プランおひとり様 ¥9,504 (サービス料・税込)

  • ¥10,000プラン

    ¥10,000プラン

    ¥10,000プランおひとり様 ¥11,880 (サービス料・税込)

  • ¥12,000プラン

    ¥12,000プラン

    ¥12,000プランおひとり様 ¥14,256 (サービス料・税込)

和食会席料理
  • ¥8,000プラン

    ¥8,000プラン

    ¥8,000プランおひとり様 ¥9,504 (サービス料・税込)

  • ¥10,000プラン

    ¥10,000プラン

    ¥10,000プランおひとり様 ¥11,880 (サービス料・税込)

  • ¥12,000プラン

    ¥12,000プラン

    ¥12,000プランおひとり様 ¥14,256 (サービス料・税込)

※ご希望により、洋食フルコース・中国コース料理も承っております。
※季節によりメニューが変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※お料理・お飲み物には10%のサービス料がかかります。
※メニュー詳細につきましては各画像リンク先よりご確認ください。

折詰
  • お持ち帰り用折詰 椛(もみじ)

    お持ち帰り用折詰2段(黒飯付)

    お持ち帰り用折詰2段(黒飯付)おひとり様 ¥4,320(税込)

  • お持ち帰り用折詰 楓(かえで)

    お持ち帰り用折詰3段(黒飯付)

    お持ち帰り用折詰3段(黒飯付)おひとり様 ¥5,940(税込)

※ご予算に応じて対応させていただきます。
※6月〜9月の期間は販売を控えさせていただいております。
※季節によりメニューが変更になる場合がございます。予めご了承ください。

引物
  • 焼き菓子詰め合わせA

    焼き菓子詰め合わせA ¥2,160(税込)

    焼き菓子詰め合わせA
    ¥2,160(税込)

  • 焼き菓子詰め合わせB

    焼き菓子詰め合わせB ¥3,240(税込)

    焼き菓子詰め合わせB
    ¥3,240(税込)

  • ドレッシング2本セット

    ドレッシング2本セット¥1,960(税込)

    ドレッシング2本セット
    ¥1,960(税込)

  • お持ち帰り用折詰 楓(かえで)

    オリジナルブレンドコーヒー

    オリジナルブレンドコーヒー
    ¥1,960(税込)

※ご希望により、お箱にのしをおつけいたします。
※その他ご希望がございましたら、お気軽にご相談ください。

お打合せスケジュール

60日前頃案内状の準備
案内状をお出しする方の名簿のご準備、案内状の文案・柄の決定、引物のご検討
50日前頃案内状原稿の作成
仮刷りの確認、ご案内する方の名簿完成(宛名書きのお客様)、印刷枚数決定
40日前頃印刷・宛名書き完了
発送作業(切手をご準備ください)、投函
30日前頃お料理・祭壇・引物等の確認・打ち合わせ
 
20日前頃案内状返信締切日
お席順の打ち合わせご決定、お料理等のお手配
12日前頃お人数の確認
お席順の打ち合わせご決定、お料理等のお手配
3日前頃ご出席のお人数の確定
 
当日
当日はご遺影・ご位牌をお持ち下さい。

印刷用スケジュールはこちら

年回忌や祥月命日が重なったときには

年忌法要が重なったとき「父の七回忌と祖父の十三回忌が重なった」など、同じ年に家族の年忌法要が重なる場合があります。そのため、ご法要をまとめて行うことが多々あります。
ただし、こうした考え方は生きている人間に合わせたもの。故人に対する思い出や悲しみも深い一周忌および三回忌は、故人一人ひとりについて、丁重に営みたいものです。

祥月命日が重なったとき祥月命日がほかの祝い事と重なってしまったり、年末の忙しいさなかでご法要の日取りを変更しなければならないときがあります。また、参列者のほとんどがお勤めの方という場合も、平日でのご法要は難しくなります。そのため祥月命日にご法要が営めない場合は、祥月命日より前の日に行うのがよいでしょう。そうした思いやりこそ故人を大切に思う気持ちのあらわれであり、故人への供養を勤めることになります。

当日の流れ

STEP1開始時刻前
ご法要の開始時刻が近づいたら、参列者は仏壇に向かって着席します。
施主あるいは法役(世話役)が仏壇に仏飯を供え、灯明をつけて線香をあげます。これで僧侶入場を待ちます。
STEP2僧侶の入場
僧侶が入場して仏壇の前に座ったら、施主が参列者に謝辞とともに「ただいまより故○○の一周忌法要を営ませていただきます」と
ご法要の開始を告げ、僧侶に「よろしくお願いします」と一礼します。
STEP3読経とご焼香
読経が始まったら静かに拝聴し、僧侶が合掌礼拝するところは一緒に合掌礼拝します。僧侶の「ご焼香を」という言葉で、
施主からご焼香していきます。葬儀ほ ど順序にこだわる必要はありません。席順のスムーズなご焼香を心がけるようにします。
STEP4さいごに
読経、ご焼香が終わり僧侶が参列者の方を向いて法話をします。法話が終わったら、一同合掌して一礼します。
僧侶が退場し、施主は最後に参列者に向かってお礼の挨拶を述べ、ご法要は終了。ご会食へと移ります。

施主が始めと終わりにあいさつ

施主が始めと終わりにあいさつ

ご法要の順序は葬儀ほど形式ばったものではありませんが、たいていは次のような形で進められます。
まず、ご法要の開始時刻が近づいたら、参列者は仏壇に向かって着席します。施主あるいは法役(世話役)が仏壇に仏飯を供え、灯明をつけて線香をあげます。
これで僧侶入場を待ちます。
僧侶が入場して仏壇の前に座ったら、施主が参列者に謝辞とともに「ただいまより故○○の一周忌法要を営ませていただきます」とご法要の開始を告げ、
僧侶に「よろしくお願いします」と一礼します。読経が始まったら静かに拝聴し、僧侶が合掌礼拝するところは一緒に合掌礼拝します。

僧侶の「ご焼香を」という言葉で、施主からご焼香していきます。葬儀ほど順序にこだわる必要はありません。席順のスムーズなご焼香を心がけるようにします。
読経、ご焼香が終わり、僧侶が参列者の方を向いて法話(仏教のためになる話)をします。法話が終わったら、一同合掌して一礼します。
僧侶が退場し、施主は最後に参列者に向かってお礼のあいさつを述べ、ご法要は終了。ご会食へと移ります。

施主のあいさつ例

施主のあいさつ例

ご法要の際に施主が行うあいさつ例を紹介します。
「あいさつは苦手」という方も多いようですが、形式ばったあいさつよりも、素直な気持ちで、心のこもったあいさつを心がけましょう。

あいさつ例1 本日はお忙しいところ、亡き夫○○の一周忌法要にお越しくださいまして、誠にありがとうございます。
早いもので夫が亡くなって一年がたちましたところでございますが、この間も、わたしどものために何かとお力づけやご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。
わたしも亡き夫に励まされるように、夢中になって仕事を続けてまいりましたが、今日のこの日を迎えて、もう一年が経ったのかと、日時の経過の早さに驚いています。夫のいない生活にも慣れ、少しずつリズムを取り戻しつつあります。
これも皆様のおかげとしみじみ思うこのごろでございます。
本日はささやかな膳を用意いたしましたので、故人の思い出を語りながら、どうぞごゆっくりおくつろぎいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

あいさつ例2 本日は亡き故人の一周忌の法要に皆様方ご多忙中のところお越しいただきまして、誠にありがとうございます。
故人も、親しい皆様のお元気なお顔を拝し、心から喜んでいることと存じます。
このように大勢の方がお集まりくださいましたことは、故人がいかに素晴らしい方との出会いに恵まれ、幸せな生涯を過ごしたかの証でもあります。
皆様方には、ここに改めてお礼を申し上げます。
本日は在りし日を故人の思い出話など語り合っていただきたく、ご案内申し上げました。
粗酒、粗肴ではありますが、お時間の許す限りお過ごしいただきますようお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

ホテルでのご法要

技と工夫を凝らしてお創りする料理は、本格派の味わい。ご予算とご要望に応じて多彩に取り揃えております。
お集まりいただいた方々への誠意をあらわすご会食のひとときを、ご満足いただける美味しさと真心あふれるサービスでおもてなしいたします。

当日の進行を完全サポート

当日の進行を完全サポート

ご法要の進行は、経験豊かでご法要の知識に長けたホテルの担当者が、始めから終わりまでサポートします。
供養の作法や列席者、僧侶への接し方に不安のある方も安心です。

会場も人数・顔ぶれに合わせて

会場も人数・顔ぶれに合わせて

ホテルでは、ご焼香ができる専用会場など、ご法要に向いた部屋もご用意しています。
また、会場は、出席者の人数や顔ぶれに配慮して選びたいものです。その意味で、人数に合わせて大中小の部屋から選択できるのもホテルならではといってよいでしょう。特に、ご年輩の方は椅子席を好む傾向にあり、ホテルでは洋室、和室のどちらでも対応可能です。

ご希望の雰囲気作り、演出で

ご希望の雰囲気作り、演出で

ご法要と一口にいっても、仏式、キリスト教式、神式では、会場作りが異なります。もちろんホテルではそれぞれにふさわしい祭壇やお花、会場入り口などにきめ細かく配慮し、会場の雰囲気をつくることができます。
また、ご希望に合わせて集合写真の手配や施主の着付け、ヘアセットなども承ります。

自由法要について

自由法要について

特定の宗教や宗派にこだわらずに、故人を偲ぶ追悼会を催すことも増えています。無宗教の葬儀もこの方法を採ることが多いようです。
この場合、ホテル等の会場に遺族と友人が集まり、ご会食を共にしながら故人との思い出を語り合うといった形式が一般的です。
なお、葬儀にふさわしい演出として、祭壇装花に故人が生前好んだ花を使ったり、司会者による進行や集合写真の撮影、思い出の写真のスライドやビデオなどの上映もあります。

新盆には心のこもったご法要を

新盆には心のこもったご法要を

お盆(一般に八月十三日~十六日)は、先祖の霊が家に帰ってくる期間とされ、この間にさまざまな行事が行なわれます。特に四十九日が終わった忌明けの後、初めて迎えるお盆を「新盆」または「初盆」といい、近親者を集め、心のこもったご法要を営みます。
ご法要は、身心を正し、心を静め、故人の冥福を祈るとともに、仏様の心、故人の教えを改めてくみ取るための儀式です。その意味でも、新しい仏様(故人)をお迎えする「新盆」は、大切な追善供養のひとつです。
祭壇をきちんとお祭りし、仏様をお迎えすることで、迎える側の思いや願いも立ち上るお香とともに、きっと届くことでしょう。

ご法要の知識

生きているわたしたちの誰もが"その時"を迎えます。招く時も招かれた時も、ご法要では故人への供養の気持ちを大切にしたいもの。
ここでは、心を込めたご法要を営むために、必要なマナーと知識をご紹介します。

ご法要に招かれたら

ご法要に招かれたら

通知を受けたら、できるだけ早めに出欠の返事を出します。
ご法要に招かれたら、都合のつく限り出席しましょう。
やむをえず欠席するときは、ご法要当日までに供物料を送り、後日ご焼香にうかがいましょう。
服装は男性ならダークスーツで地味な色合いのネクタイ、靴下にします。
女性は地味なワンピースかスーツで派手なものは避けましょう。
ご法要は招待された人が参列するのですから、遅刻はもちろんマナー違反。
15分~20分くらいの余裕を持って会場に行きましょう。
あいさつについては、難しく考えずに「ご供養の席に加えていただきありがとうございます。ご焼香させていただきます」でよいでしょう。
持参する供物料には不祝儀袋に「御霊前」「御仏前」などと記して渡します。

供物料の表書き

供物料の表書き

仏式水引は黒白または双銀を用い、表書きは四十九日まで「御霊前」四十九日以降は「御仏前」。

神式無地のものを使い、表書きは「御霊前」
※不祝儀袋にハスの花の絵を印刷したものは仏式なので注意!

キリスト教式キリスト教用の不祝儀袋または白封筒を使い、表書きは「お花料」

仏式の作法

仏式の作法 ※地域や宗派によって異なる場合もございます。 不明な点はご法要担当者までお尋ね下さい。

亡くなった日を入れて七日目ごとに忌日(いみび)があり、故人の供養をします。
七日目を初七日(しょなのか)、十四日目を二七日(ふたなのか)、二十一日目を三七日(みなのか)、二十八日目を四七日(よなのか)、三十五日目を五七日 (いつなのか)、四十二日目を六七日(むなのか)、四十九日目を七七日(なのなのか)といい、これをもって「忌明け」とします。
特に初七日と忌明けの四十九日は大切な日とされ、親戚、知人を招いてご法要を営むのが一般的です。
四十九日のあとは百か日、一周忌(満一年目)、三回忌(満二年目)、七回忌(満六年目)、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌と続きます(北海道のご法要 参照)。
なお、一周忌以降のご法要を年忌法要といい、基本的に故人の祥月命日(しょうつきめいにち・故人の死んだ月日と同じ月日)に法要を行います。
ご法要の当日は僧侶を招いて読経してもらい、遺族や友人、知人が仏壇にお線香をあげます。終了後は、「お斎(とき)」というご会食の席を設け、僧侶と参列者をもてなします。
ご法要での僧侶への謝礼は「お布施(おふせ)」と書き( お布施の由来 参照)、白い無地の封筒に入れ、ご会食の済んだ後に別室にて渡します。
僧侶が早く帰る場合には法要終了後にしましょう。

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日
初七日は、忌日の中でも特に重くみられています。
七七日は、浄土に行けるかどうかの最後の審判の日といわれ、初七日同様、盛大にご法要を営みます。
百か日
故人に向かって、遺族が平常な生活に戻ったことを報告するためのご法要です。
一周忌
亡くなった年の翌年におこなう年忌法要。
親類、故人の知人、友人などを招き。ご法要を営みます。
七回忌、十三回忌、二十三回忌、二十七回忌
ごく内輪で営むことが多い年忌法要です。
三十三回忌、五十回忌
「弔い下げ」とするご法要です。なお、仏教ではどんな罪を犯した人でも、三十三年目には無罪放免となり、清浄なる姿となって、極楽往生できるようになるといわれています。

北海道のご法要

北海道のご法要

北海道では、初七日の後、忌明けまでの供養はごく身内で行うのが一般的です。ただし、北海道や都心部では遠方から足を運ぶ親戚に配慮して、初七日は葬儀に引き続き繰り上げて行う傾向にあります。忌明けは四十九日で僧侶を呼びご法要を行います。
また、年忌は一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七、二十三、二十七、三十三と続き、三十七回忌で「弔い上げ」とすることが多いようです。
なお、 ご法要のしきたりや用語は方言がそれぞれ違うのと同じように地域や宗派によってさまざまです。
不明な点がございましたら、ご法要担当者までお尋ね下さい。

卒塔婆(そとば)供養するとき

卒塔婆(そとば)供養するとき

故人に対する感謝と供養の気持ちを表したのが卒塔婆です。卒塔婆はサンスクリット語のストゥーパ(「塔」の意味 )がもとで、釈迦の墳墓だったものが原型となっています。サンスクリット語で宇宙全体を表す「空、風、火、水、地」が書かれ、その下に故人の戒名が記されています。
年忌法要のときに、施主のほか、親類や友人など誰でも申し込むことができます(浄土真宗では行われません)。卒塔婆供養をしたい場合は、あらかじめ施主に料金を聞いておき、当日は供物料とは別に白封筒に「御卒塔婆料」と記して現金を包み、施主に渡します。

どうして四十九日

どうして四十九日

仏教宗派の多くは、死者は七日ごとに生前の功罪を裁かれるといいます。
その判決がよいものになるように行われるのが、初七日、二七日など七日ごとの追善供養なのです。
四十九日は判決の最終日にあたり、死者の運命が決まる裁判の日といわれています。だから遺族はお経をあげ、お花を供えて故人が極楽に行けるのを助けるのです。
もともと、古代インドでは人間は輪廻(りんね)転生するものと考えられていました。
誕生の瞬間を「生有」、生きている間を「本有」、死の瞬間を「死有」、そして死んで次の生を得る間を「中有」または「中陰」と呼び、中有は四十九日であるとされていました。
この間七日ごとにご法要を行い、四十九日を「満中陰」といって、遺族は家を出ずに謹慎するのが普通です。四十九日を過ぎると「忌明け」となり、通常の生活が許されました。

お布施の由来

お布施の由来

お布施はお金や物資などを与える「財施」、仏教の教えを説く「法施」、おそれをとり除く「無畏施(むいせ)」などを実践することで、「五欲のむさぼり(財欲、色欲、飲食欲、名誉欲、睡眠欲)」から心を解き放し、物心両面からの救いを願って行われるものです。
お布施はもともとはサンスクリット語で布施、施しを表す「ダーナ」に由来しています。
仏法を広めるために、在家の立場から僧や寺院を支えることを意味しますが、施しをする人も「檀那(だんな)」と呼ぶようになり、それが転じて自分の仕える主人を呼ぶ言葉になったといわれています。
お布施は本来、定価があるものではないのですが、やはり気になるところです。
その土地や風習、寺格、またお寺との交際の度合いによって異なりますから、できれば直接お寺に聞いてみるのがよいでしょう。

ホテルコンセプト HOTEL CONCEPT

詳細を見る